群発頭痛の辛い症状と改善法|医療機関に相談しましょう

医者

発作が起こる要因

病院

風邪を引いたり、ストレスが溜まると体に様々な異変が起こります。中でも頭痛は後頭部などに痛みを感じるため、仕事や家事など目先のことに集中して取り組めなくなってしまいます。しかし、このような頭痛以上に辛い病気が群発頭痛です。群発頭痛はあまりの痛みに自分で自分を傷つけてしまう場合があり、人によっては死んだ方が良いと思えるほどに強い痛みを感じます。群発頭痛は若い世代の男性が多く発症すると言われていて、中には1年以上も痛みが続く慢性群発頭痛を発症している人もいます。思わず死が頭をよぎるほどの痛みが症状として現れる群発頭痛は、未だはっきりとした原因が分かっていません。一説では、頭にある血管が拡張することで炎症を引き起こし、それが痛みに繋がっていると言われています。他にも目の後ろに通っている血管に特に影響が及ぶために、目の奥に激痛が起こるとも考えられているのですが、詳しく解明されていないだけに一概にはどれが原因であると特定することは難しいです。また、群発頭痛は男性ホルモンによって引き起こされているとも言われています。これは発症する患者の多くが男性であることから提唱されているのですが、最近では女性の群発頭痛患者も多くなっているので、ホルモンが関係しているとは強く言い切れません。

血管の拡張やホルモン以外にも、群発頭痛は体内時計が狂うことで発症するという説があります。脳の視床下部という場所は体内時計としての役割を果たしているのですが、不規則な生活習慣などで視床下部が正常に働かなくなり、睡眠時に多く群発頭痛が起こるのではないかと推察している人もいるのです。また、群発頭痛の原因がはっきりと解明されていないとはいえ、病気を誘発する危険のある生活習慣を止めるだけでも発症リスクを抑えることができます。まず、群発頭痛を誘発する要因の一つがアルコールです。実は、群発頭痛の患者の多くが飲酒後40分から一時間以内に発作が起きており、群発期に飲酒をするとほぼ100パーセントという高い確率で頭痛発作の症状が現れます。そのため、群発頭痛を発症するとお酒を飲むことが好きな人でも必ずアルコールの摂取を止める傾向にあります。また、群発頭痛はタバコで誘発される場合もあります。タバコに含まれる有害な煙が鼻腔を刺激することで発作の引き金となり、継続すると徐々に症状が悪化してしまう上に、実際にタバコを吸わなくても、受動喫煙で群発頭痛を発症することもあります。