群発頭痛の辛い症状と改善法|医療機関に相談しましょう

強い痛みが特徴の群発頭痛

病気について知ろう

看護師

毎日仕事や家事で忙しくしていると、自分の健康に気を遣う機会が少なくなります。最近では一日の大半を仕事などで過ごし、心や体を休める間もなく働いているという人も多くいて、ふとした拍子に体に異変が起こる場合があります。特に多い異変というのが頭痛などの痛みで、ほとんどの人は薬を飲んだり、横になるなどして症状を和らげようと試みます。緊張型頭痛や片頭痛、気圧の変化で起こる頭痛であればこのような対処法でも十分な効果を得ることができます。しかし、頭痛の中には群発頭痛と呼ばれる恐ろしい病気もあり、これは薬を飲んだだけでは症状が改善しません。また、群発頭痛という病気をあまり知らないという人も数多くいて、単なる頭痛であると放置して症状をますます悪化させてしまうケースも良くあります。この群発頭痛は、群発性の地震のように特定の期間に集中的に強い痛みが起こり、一度痛みが起こると決まった時間に症状が現れます。さらに、群発頭痛は痛みが頻発する群発期と症状がほとんどない期間とに分かれるため、適切な診療科を受診しないと正しい判断をしてもらえない可能性があります。そこで、いつもの頭痛とは違った痛みが起こったら、内科ではなく頭痛外来や神経内科、脳神経外科などを受診して、自分の病気をしっかり診察してもらいましょう。

群発頭痛と言っても、あまり聞き覚えがない人は普通の頭痛とどのように違うのか判断できないでしょう。実は、群発頭痛には他の頭痛にはない特徴的な症状があります。まず、普通の頭痛は頭の後頭部や側頭部が痛むことが多いのですが、群発頭痛は頭ではなく目の奥が傷む場合がほとんどです。さらに痛みも、キリで目を刺されている、目がえぐられるようであると表現されるほど強く、あまりの痛さに我慢することさえできなくなってしまいます。中には群発頭痛の痛みに耐えかねて自殺をしようと試みる人もいるのです。また、群発頭痛は痛みが起こる頻度にも特徴があり、通常の頭痛が短期間で治るのに対し、一カ月から二カ月ほどの期間の中で症状が和らぐことなく、ほぼ毎日痛みが発生します。痛みの継続時間も軽くて15分ほど、症状が重くなると3時間ほどになると言われていて、深夜から明け方に発生するパターンが多く報告されています。この群発頭痛の主な原因は現時点では具体的に解明されていないのですが、アルコールやタバコが痛みを誘発する原因になっていると考えられているので、生活習慣を規則正しくするだけでも病気の発症リスクを抑えることができるでしょう。

強い痛みを感じる病気

カウンセリング

群発頭痛は一定期間目の奥や側頭部に強い痛みを感じる病気で、あまりの痛みに自分の頭を壁に打ちつけてしまう人もいます。また、発症するのは主に20代から40代の若い男性だと言われています。

Read More

発作が起こる要因

病院

群発頭痛の原因は具体的には解明されていませんが、血管の拡張や男性ホルモンの影響、体内時計の狂いなど諸説あります。また、たばこやアルコールによっても発作が起こると言われています。

Read More

効果のある治療方法

腕を組むレディー

群発頭痛の治療では薬剤や麻酔薬、医療用のフェイスマスクが使用されます。頭痛の発作が起こった時に効果のある治療法や一時的に神経の機能を麻痺させるなど様々な方法で痛みにアプローチしていきます。

Read More

受診できる診療科

聴診器

群発頭痛の症状で悩んでいるのなら、精神的な疾患にかかる前に医療機関を受診しましょう。頭痛外来や脳神経外科、神経内科といった診療科がある病院なら適切な治療が受けられます。

Read More